子供の病気は様々です。アレルギーや肥満などの生活習慣病、現代病ともいえる近視や乱視などの
視力低下の問題も子供のが抱える問題の一つである。ここでは、子供の病気を幅広くご紹介していきたい

<< 子供の肥満-原因と課題 | main | 子供の麻疹(はしか) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |
子供のアトピー
アトピーは子供の病気というイメージがあるが、赤ちゃんや乳児のアトピー、そして大人のアトピーも当然ある。 アトピーは正式にはアトピー性皮膚炎といわれる。
アトピー性皮膚炎の症状としては、かゆみと湿疹。アトピーの湿疹は、左右対称に出る。 また、アトピー性皮膚炎はドライスキン(乾燥皮膚)の上に湿疹が起こるのが特徴である。このドライスキンは、角質(皮膚の一番表面)の中にある「セラミド」(水分保持をしている)が少ないタイプの肌で、アトピー性皮膚炎にかかると「セラミド」が減少し、発症や悪化の因子となる。また、かゆみが激しく、慢性的であることも大きな特徴のひとつ。 また、アトピーは年代によって症状の部位が異なる。乳児期に顔面を中心に病変がある。幼児期になると、次第に体や手足の方が目立つようになる。幼児期以降では、皮膚が擦れ合う部分や首の周り、ヒジ・ヒザなどの関節の屈曲面が特に強い症状が現れる。
また、夏には症状が軽くなり、冬に悪化するケースも多く見られる。

このアトピーは遺伝とも言える部分があるが、基本的には皮脂が少なく、セラミドが少ないため、アトピー性皮膚炎がおきたりアレルゲンやハウスダストによりアトピー性皮膚炎が発生する子供もいることがわかっている。

アトピー性皮膚炎の治療においては皮膚科で、きちんとした処方が必要になる。主に乾燥している人においてアトピー性皮膚炎が多いので、かゆくなったりするケースがある。アトピー性皮膚炎の治療は軟膏や漢方、病院によってはアトピー性皮膚炎に効く温泉をすすめたり する専門医もいる。アトピー性皮膚炎の治療は長期にわたって考えなくてはならず、私生活では入浴剤や薬、シャンプーや食事にも 気を使うことが重要。特に子供が病気の際には親が食事制限を設けて、徹底してアトピーの治療にむけて改善をしなくてはいけない。
よくスキンケアやステロイドによるアトピー治療といったものがあるがストレス性の問題でもある。これは子供や大人の場合は職場や学校の環境が良くない場合、いったんよくなったアトピー性皮膚炎が再発してしまう恐れがあるからである。

アトピーを治療して完治した人も多くいるが、やはりその際に皮膚を清潔に保ち乾燥させず、綿等の柔らかい衣服を着用し、髪を掻き分けたりする際に頭皮を傷つけないように爪を短くきったりとかなりアトピー性皮膚炎にたいして予防や原因となるものをふせいだりする努力を行っている。実際に入浴剤を変えアトピー性皮膚炎用の化粧品を使ったりもしている。
清潔がアトピー性皮膚炎の予防になるが、実際に子供の場合は外で遊んだりする事も仕事なので、実際には家に帰った後にご両親がアトピー性皮膚炎にたいする子供の病気予防をしてあげるとよい。

| 子供のアレルギー |
スポンサーサイト
| - |
子供の病気 カテゴリー
子供の病気 記事
子供の病気 リンク
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
神経痛の症状プロアクティブ 無料お試し このページの先頭へ